Salesforce Marketing CloudがYahoo! DMPと連携

www.advertimes.com


Salesforce Marketing CloudがYahoo! DMPと連携したそうです。

例えば、消費財メーカーが「Salesforce Marketing Cloud」上でターゲットとする30代女性を抽出。ヤフーの持つ検索キーワードや購入履歴といったデータと掛け合わせ、ターゲットの行動特性や傾向に基づいたクラスター分析を実施。そのクラスターの特性に応じて、それぞれ異なったメッセージの広告をヤフーのDSPやアドネットワークを通じて配信できる。

自社リストのデータとDMPデータを組み合わせて、セグメントしたうえで広告を配信できるということですね。

今年の4月には、競合であるアドビがフリークアウトと連携しています。

フリークアウトのDSP/DMP、アドビと連携へ~マーケターの望みをかなえるプラットフォームを実現:MarkeZine(マーケジン)


最近は、自社のハウスリストのようにクッキーデータを管理して、それをパブリックなDMPと組み合わせていくというのが普通になってきましたね。

Cookieデータだけでも自社のWeb閲覧履歴とかけあわせればある程度セグメントできるし、それと自社顧客リストを組み合わせればわかることも増えてくる。例えば、コンバージョンした人の閲覧履歴と近しいCookieデータを探して、それをパブリックなDMPでオーディエンス拡張して広告を配信。なんて事も可能。ワークするかは別だけど……


もう一つの巨人Oracleは、BlueKaiがあるから和製DMPとは連携しないんですかね。

なんかもう、神々の戦いだ。


blog.niwaringo.com

blog.niwaringo.com