リアルイベント参加者にディスプレイ広告をだしたいー某中小企業マーケター談

thebridge.jp

イベントプラットフォーム「Peatix」を運営するOrinocoPeatixなどが、「リアルイベントPMP(プライベート・マーケット・プレイス」を発表しています。

同サービスを通じての協賛までの流れは、まず広告主がイベント主催者向けに協賛提供を展開。次に、イベント主催者が主体的に広告主のタイアップに申し込み、Peatixによる審査を通過した広告主の⽅向性にフィットしたイベントだけがスポンサードを受けられるようになっている。

「リアルイベントPMP」と書くと難しく感じますが、中小のイベントをターゲットにした広告サービスですね。Peatixが間に立つことにより、中小イベント主催者が広告費を受け取りやすい仕組みが作られる。「リアルイベント」に注目して活性化する、素晴らしいサービスだと思います。

じゃあ、お前は利用するか? と言うと…… 「少し重い」と感じたのが正直な所。出来るなら、ディスプレイネットワークのように手軽に利用できれば嬉しいのですが。というか特定のイベントに興味を持っている人たちへディスプレイ広告を出させて欲しいです。

中小企業は中小リアルイベント広告に労力をかけられない

リアルイベントPMPというサービスは素晴らしいと思います。中小規模のイベントであっても、特定のリアルイベントにわざわざ参加したいと思う人たちは貴重なセグメント。そこに広告を出したいという欲求はあります。

中小規模でもこんなに素晴らしいイベントがあって、そこに広告価値がありますよ。と言われると、できれば広告出したい。目先の成果がでなくてもブランド的にとか色々考えたい。嘘偽らざる思います。

でも、そのためにクリエイティブ作って、色々コミュニケーションとって…… などと考えると、どうしても尻込みするのが実情。

限られた人員でマーケティングをやっている中小企業では、お金というより労力が問題となって諦めざるを得ないです。( 頼まれてもないのに勝手に断ってスイマセン、スイマセン)

あ、リアルイベントに興味ある人にディスプレイ広告だしたいかも

似た事例として、内容・読者が良くてもブログメディアへ出稿することが難しいという事があります。

中小のブログ記事でも、内容がマッチするのなら広告を出したい。でも、労力はかけられない。これを解消するために、中小企業では、Googleアドワーズのようなディスプレイネットワークを利用しています。

ここまで書いて…… はたと思います。

「中小のイベントに参加する人たちに、ディスプレイ広告を出したい。」

このイベントに参加した人、このようなカテゴリのイベントに参加した人たち、このカテゴリのイベントページを閲覧した人たち、そんなルールが設定できてディスプレイ広告を出せるのなら嬉しい。

Pietixのようなプラットフォーム側が、このあたりを上手く丸めてくれて、出稿側はディスプレイネットワークのように出稿。主催者側は意識すること無く広告収入を得る。これって良いことではないでしょうか。

主催者が広告収入を得ることによって、イベント設備を新調できたり、大変なイベント運営をしている人たちの打ち上げが豪華になったり。そんな未来が来て欲しいです。

もちろん出稿側としても、リアルイベントというセグメントを利用して広告コミュニケーションを取ることは非常に有益です。

哲学としては、リアルイベントPMPに負けるかも知れません。なんだよ、結局ディスプレイ広告かよ、と下世話に感じるかもしれません。しかし、中小企業の出稿者としては、貴重な労力をあまり使わずにできるディスプレイ広告に魅力を感じます。

広告単価が下がりそうだし、できる人がいなそう……

しかし、問題が3つ思いつきます。

はじめに、ディスプレイ広告という性格上、通常のアドネットワークのCPAと比較されることになり、イベントのパトロン側面が吹き飛んでしまうこと。

次に、広告がネットワーク化されると、広告単価が下がる。母数が小さい、中小リアルイベントで広告単価までさがると、主催者の人に満足いくお金が流れる事が難しそう。

そして…… 最大の問題は、リアルイベントとネット広告では、両方わかる人がいない。チームでやろうとしても衝突が激しい。できる人(たち)がいない。

「お客様の中に、リアルイベントとネット広告両方を熟知している方はいませんか。勉強や妄想ではなく、実体験として。」

リアルイベントが上手く活用されて、もっとお金が回るようになればいいの…… 現実は難しそうです :(