読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイクロソフトの新メールアプリFlowはスーツのSlackになりえるだろうか

新社長になってから話題に事欠かないマイクロソフトに新しい噂が流れています。

japan.cnet.com

スマホでメールを迅速化するアプリを開発中らしいです。

新アプリ「Flow」はチャットの皮を被ったメール!?

Flowと名付けられたこのアプリはOutlookに付属して、以下のような特徴を持っています。

・ 誰に対しても使用可能な電子メール:電子メールアドレスを持つすべての人とやり取りでき、その会話はOutlookでも参照可能。FlowとOutlookを区別なく使用して、同じ会話に参加することができる。
・ 迅速で円滑で自然な会話:件名、挨拶文、署名はなし。Flowは、迅速で軽い会話をリアルタイムに行うことを目的に設計されている。
・ 重要なやり取りだけを抽出:受信箱全体ではなく、Flowで開始した会話とその返信だけがFlowに表示される。雑音をシャットアウトして最も重要な個人間の会話だけに集中できる。

メールのプロトコルで動作して、内容はOlutlookから参照可能。Flowアプリ内では全てのメールは表示せずに、Flowでやりとりしている内容だけにフィルタされる。そして、Flowは迅速がモットーなので件名や署名はない

これ、Flowは「チャットアプリの皮を被ったメール」と言うことが出来そうです。

スーツのメインコミュニケーションツールはメール

この「チャットのように見えて実はメールである」というのが非常に重要です。

チャットアプリ界隈では今Slackが猛威を振るっています。ユーザー数・評価額共にうなぎ登りで、飛ぶ鳥を落とすどころか矢でも鉄砲でもミサイルでも撃ち落とす勢いです。

ただ、Slackのメインユーザーはエンジニアであり利用用途は社内コミュニケーションです。どうみてもビジネス側、もといスーツ側に浸透しているとは言えません。

スーツ側では、依然としてコミュニケーションツールのメインはメールです。この地位は確固たるもので揺らぐ気配もありません。なぜならスーツ側のコミュニケーションするべき相手は社外の人であり、その人たちとのやりとりはメールにならざるを得ないからです。考えてもみてください。「もっとカジュアルにコミュニケーションするためにSlack入れてね」なんて言いませんよね :)

メインのやりとりがメールになると、社内用にSlackがあったとしても、それはサブツールであり「何かがあれば見る」程度の対象にしかなりません。メールで通知がきたらよっこらっしょっとSlackを立ち上げるというよいうな使い方をしている人が少なくありません。

良い悪いではなく、メインツールがメールなので仕方がありません。自然の摂理です。

FlowというSlackがスーツ界隈にやってくる?

Flowの実体がメールであると考えれば、Flowの検索はメールと共通化されるはずです。仕事においてメール履歴を検索するという行為は非常に重要なので、「メール履歴と一緒に検索できる」のは非常に重要です。

きっと、「あれ、あの話誰かとメールしたっけ?Flowだったっけ?」なんて考えて検索インターフェイスを分けるなんて考えただけでもぞっとしますよね。

Flowとメールでインターフェイスが異なりながらもバックグラウンドが共通化されると、いつものOutlookでメールしながら、必要に応じてFlowでグループチャットをするという事が定着するかもしれません。

鍵をにぎるのは1対1ではなくグループチャットをいかに使いやすくできるのかにかかっていそうです。

グループチャットが実現されれば「FlowというSlackがスーツ界隈にやってきた」と言う状況になるかも知れません。正確には無茶苦茶な文章ですがSlackは既にサービス名というよりカテゴリ名に近くなっているのでこれでなんとなく意味が通じますよね?

FlowはGoogleチャット++

実は、上で述べた内容の多くを既に実現しているサービスがあります。

Googleチャットです。あえてハングアウトとは言いません :(

Googleチャットは、Gmailの画面でやりとりが出来て、検索もGmailと共通化されています。これが理由でGoogleチャットに社内チャットを統一していた所は良いのではないでしょうか。

ただ、グループチャットが絶望的なまでに使いにくく、いつのまにかメールから距離を置きGoogle+に統合するために「ハングアウト」なんて名前に変わって…… ねぇ。惜しい人をなくしたものです。

こう考えるとFlowはGoogleチャットの夢を引き継ぐ「Googleチャット++」なのかもしれません。


企業で働く人間に対して絶大なる影響力を持つマイクロソフトさんがこのように本気になってくれることは非常に嬉しい限りです。是非ともどんどんやって欲しい。

と、真偽も定かで無い記事をみて色々と妄想してみました。

そいうえば、テンション高くプレゼンテーションする前CEOの人は今頃元気なのでしょうかね :|