MarketoとLinkedInが連携ですって

jp.marketo.com

marketing.linkedin.com

日本にいるといまいちピンと来ませんが、海外ではビジネスソーシャルの地位を確固たるモノにしているLinkedinと、マーケティングオートメーションベンダーのMarketoさんが連携するようです。

例えばある男性客がGEのWebサイトを訪れ、サービスに関するホワイトペーパーをダウンロードしたものの、自分の連絡先情報は入力しなかったとします。後日、彼は今度入社する同僚と連絡をとるためにLinkedInのページを訪れます。そのとき、MarketoとLinkedInのサービス連携により、GEは彼がホワイトペーパーで閲覧された内容に基づいて、パーソナライズされた広告を提供し、彼をWebセミナーに招待することができます。また、そのWebセミナーに登録した瞬間彼は匿名リードから見込み客となり、GEは彼との関係を育成し始めることができます。

要は、「Marketoを使ってセットされるCookieデータでLinkedin側でターゲティング広告打てるよ」ていうことですかね。

なんか最近は、マーケティングオートメーションは広告連携がお盛んですね。まあ、マーケット規模が全然違うから当然といえば当然なんですが。

関係無いけど「エンゲージメント」というキーワード押しっぽいけどいまいちピンと来ない……


このようにターゲティング手法が進化していくと、今までのように「キャンペーン打って終わり」というマーケティングをしていた人たちはきつくなるかもしれませんね。そういえば、海外の求人見ていると「マーケティングオートメーションできる事」みたいな求人が増えてきた印象があります。

個人的には、このようなデジタルマーケティング手法が一般化していき、そこに対する人材が枯渇してデジタルマーケティングできる人材の給料が上がっていくことを切に願います (真顔