スマホ対応のランキング利用はユーザーフレンドリーなのか

「特需や!モバイル対応特需や!!今期の残りの予算全部貰って来い!!!」寒さがぶり返す街中が少し温まり、こんな言葉が聞こえてきた気がしました。はい。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

Google先生曰く「モバイル対応しているかどうかがランキング要素に入るからね」という事でございます。

ECやブログではない、普通企業のWebサイトはまだまだモバイル対応が出来ていない所が大勢かと思うので、この決定はかなりインパクトありますね。

SEO・Web製作会社を中心に歓喜の声が聞こえてくる反面、期末に追われるWeb担当者の怨嗟の声も聞こえてきそうです。

王様が決めた事をいまさらあれやこれやと言っても仕方が無いのですが、モバイル対応しているかどうかが検索に影響するってどうなんでしょうかね?

検索に求めるモノはモバイルフレンドリーか?

個人的には、検索とは「欲しい情報を手に入れるために調べる行為」だと思っています。その上で、検索結果のページが見やすいデザインだと嬉しいなという感覚です。

こう考えると、検索者として検索結果で一番嬉しいのは、「欲しい情報があって見やすいサイト」で、一番嫌なのは「欲しい情報が無くて見難いサイト」です。

では「欲しい情報があって見難いサイト」と「欲しい情報が無くて見やすいサイト」ではどっちが嬉しいですかね?安易な二元論に持ち込んでいる事は承知しています。実際にはもっとグレーでしょう。

しかし、あくまでも検索結果に求めるものは「欲しい情報=コンテンツ」であって、デザインではないと考えると多寡はあれど「見やすさ」が「コンテンツ」と同列に扱われるというのは違和感を禁じえません。

モバイル対応できない所は価値あるコンテンツがつくれない?

Googleさんは検索結果に価値あるコンテンツを重視する姿勢を崩していないと考えると、Googleさんとしては「今時分になってもモバイル対応していないような所に価値あるコンテンツなんかつくれないだろう」という事なんですかね。

まぁ、最近作られたサイトでは確かにこれは当てはまる気がしますが…… 「例えばジオシティーズみたいな古いサイトで、時間による劣化が少ない情報だとどうなの?」なんて思ってしまいます。

Webサイトのモバイル対応は進む?

確実なのはWebサイトのモバイル対応は一気に進むという事です。そして、これはやはりありがたい。

検索という行為に照らし合わせると、今回の意思決定には疑問がありますが、「Webサイトのモバイル対応が前進する」という結果は非常に有益です。

大きな前進のためには痛みは必要ということですかね。スゴイ意思決定ですよね。


ともあれ今日は2月27日。今期の残り予算もう使っちゃったよ…… もう1ヶ月早く発表してくれよ。と思ったWeb担当者の皆様に哀悼の意を禁じえません :(