Twitterがタイムラインのハイライト機能を予定しているらしい、情報を絞り込んで広告をいれる事は王道パターンか

Twitterがタイムラインのハイライト機能を予定

 Twitterが公式ブログで「タイムラインのハイライト機能を近々実装するよ」という発表をしています。

 ブログでTwitterは、「一部の熱狂的な人たち以外は、タイムラインにあふれている情報すべてを追えていないよね?」という課題提起をしています。これ、ホントにその通りですよね。で、ツイッターとしてはそれはモッタイナイので、見逃したツイートをハイライトでお届けするよ。という事です。

 これまあ…… 明言されていませんが…… 広告目的ですよね。きっと。

 少し前には、TwitterのタイムラインをFacebookのタイムラインのようにする可能性が報じられて物議を醸していました。

 Facebookはもとよりニュースアプリやキュレーションサービスに代表されるように、「情報を集約して単位当たりの価値をあげておいて、その中に広告を入れる」という手法は一つの王道になってきているのではないでしょうか。

 Twitterとしては、横目に広告収入が順調なFacebookの動向が視界に入っているでしょうし…… 自分達でも同様の道を模索するのは至極ごもっともな事です。

 個人的にはタイムラインを歪めるのではなく、別機能のハイライトで、情報の集約と広告を両立できる地点を探ってほしいなって思います。

 タイムライン自体には非常に賛成です。私自身、生のタイムラインは眺めているだけで時間が際限なく過ぎていくので、アプリを削除してnuzzelのようなサービスを使うようにしています。時間を気にしてタイムラインラインをあえて見ない選択をしている人は多いのではないでしょうか。

 ココに間違いなく課題はあると思うので、いい感じに情報を取りまとめて、ツイート一つ当たりの価値を高め、その中に広告を入れるというのはTwitter、ユーザー双方にとって魅力的な解決方法です。霞を喰ってサービスを作れるわけではないですし、広告であってもマッチしていれば個人的には気になりません。出稿先としても魅力的そうですしね。

 上手い道を見つけてハイライト機能が正式発表されるのを心待ちにしています :)