読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、海外のマーケティングオートーメーションベンダーのシェアってどうなっているの?

マーケティングオートメーション News

 Alexaトップ1Mのサイトをクロールして、マーケティングオートーメーションベンダーのシェアを計測した結果が発表されていました。

Alexa top 1M marketing automation share

Alexa top 1M marketing automation share list

 正直、正確さには疑問が残るものの傾向をつかむには面白いです。傾向的には、Hubspot・Demandforce・Act-Onが増加傾向にあり、全体では、Hubspot・Marketo・Partdotが6割以上を占めているいう感じでしょうか。日本ではあまり馴染みがないPardotとAct-Onですが、海外では元気ですね。

 あと、Eloquaがシェアが大きく落としている事になっているけど……これは本当かな?

 注意したいのは、この調査はWebサイトから導き出されるシェアという点ですね。

 調査方法の詳細は書かれていませんが、想像するにWebサイトをクロールしてマーケティングオートーメーションがWebトラッキングのために使うJavaScriptファイルを探したり、Cookieの値をチェックしたりしているのではないでしょうか。

 たしか、EloquaはサードパーティCookie製のWebトラッキングシステムからファーストパーティ製のWebトラッキングシステムに切り替えるとかなんと何とか言っていた気がするので、その辺りが影響している可能性はありそうですね。想像ですよ ;)


 まあ、そもそもが、Eloquaは業界TOPがターゲットで、Marketoはミドルレンジ、Hubspotはボトムレンジからミドルレンジがターゲットになる傾向があるので、数で勝負すればHubspotやMarketoが有利になるのは当然です。

 元サイトではプルダウンでAlexa top 10Kとか1Kとか選択できるんですが、例えばtop 1Kとかにすると景色が一気に変わりますね。

Alexa top 1K marketing automation share

 1Kにすると、Marketo、Pardot、Eloquaになる。しかし、1K調べて判別したのが40弱というと少し心もとない気がするのですが、、、

 ちなみにTop100にすると、Marketo1になる……これは、ねぇ

Alexa top 100 marketing automation share

 いや、別にいちゃもんをつけたいのではなくて、あくまで傾向としてみましょうという事が言いたいだけです。


 このデータを取り上げているVentureBeatでは、TrustRadiusの調査レポートも併記しています。

f:id:niwaringo:20141111002623p:plain

 これでもHubspotが一番伸びていて、Pardot・ExactTarget・Marketoも順調に推移しているようです。個人的には、ExactTargetでハイレンジをおさえて、Pardotでミドルレンジを抑えるSalesfoce先輩が怖すぎる……

 で、この調査レポートのもとになっているTrustRadiusのサイトにいくと、Buyer's Guide to Marketing Automationというレポートがダウンロード出来るようになっています。これ、無料でダウンロードできたのでしてみたのですが、企業規模毎の切り分けとかも載っていて面白かったです。

 流石にメールアドレス取得目的のコンテンツを、ここで内容を書くのはダメなので書きませんが、興味がある人はダウンロードしてみると面白いと思います。


 このようなレポートをみていると、アメリカでは、マーケティングオートーメーションのマーケット規模が確実に伸長していると感じられます。

 最近は日本でも、ただのCMS機能が「Webサイトを作れるマーケティングオートーメーション!」なんて言っていてビックリする事があるくらい、マーケティングオートーメーションはキーワードとして盛り上がりを見せています。

 このようなお笑いネタはさておき、マーケティングオートーメーションは、企業のマーケティング課題を解決できるポテンシャルを大いに秘めているので、日本でもマーケット規模が大きくなることを、弱小マーケティングオートーメーションベンダー勤務の人間としては願ってやみません :)