銀行のATM・CRM連携に違和感を感じる

りそな銀行のATMを活用したマーケティング事例 -- TERADATA 2014 PARTNERS | マイナビニュース

DWHを使ってCRMとATMの連携を実施したという記事。

ATMで省力化が実施されたが、顧客接点も減ってしまって、銀行として接点を持ちたい層にコンタクト出来ていないという課題が発生した。それに対してCRM情報を活用したATMマーケティングを実施したらしい。

では、具体的に何を行っているか。まず事前にターゲット顧客をデータベースにセットしておき、その顧客がATMを使用して現金を引き出すことで、個人を特定。ATMを利用したターゲットとなる人が現金を引き出すと、終わる直前にチラシが出てくる仕組みだ。顧客は予期せぬものが出てきたことで驚き、窓口に問い合わせにくる。そこで営業店員は窓口で商品のセールスにつなげたり、各種クロスセールスの案内をしていくのだという。

これっていい事なのかな?これを成功例として声高に宣言する事に違和感を感じるのは私だけでしょうか :/