読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bizibleが800万ドル調達ーデジタルマーケティングと営業と繋げるソリューションを提供中

サービス News

Bizible

tl;dl

  • デジタルマーケティングと営業を連携するBizibleが800万ドルを調達した
  • 製品特性とSalesforceとの密結合さ具合からPardotとの競合具合が気になる
  • コンサルとかソリューションベンダーも視野に入ってる?(憶測)

 デジタルマーケティング情報を営業情報につなげる事により、マーケティングROIを最大化する事を目指しているBizibleが800万ドル調達していました。

 Bizible Raises $8M To Connect Marketing Tools With Sales Data | TechCrunch

 このBizibleは、Salesfoceを使い、AdWords等のオンライン広告の流入元や、GoogleAnalyticsのキャンペーン情報などを営業情報と結びつけることにより、マーケティングROIの最大化を図ります。

 Salesforceの取引先とか取引先責任者に、デジタル広告情報をくっつける事により、デジタル広告と相談情報がくっついて、「このキーワード広告はフォームコンバージョンが何件で、そこから商談発生したのは何件で、受注したのが何件」というような事が分かるのでしょうね。きっと。


 マーケティングROIは、CMOを要するような大企業からスタートアップまで、ほぼ全ての企業で課題に上がります。これを解決するためには売上情報とマーケティング情報を紐付ける事が不可欠です。

 ですので、Bizibleの課題解決アプローチは非常に正しいように思えます。

 しかし、気になることが……

 AdWords等のデジタル広告を営業情報と繋げる事は、一般的なマーケティングオートメーションツールでは機能提供しているはずなのです。マーケティングオートメーション界隈では、「広告コンバージョンのポイントを受注にずらす」というような言い方で、広告と商談を結びつける事は一般的でございます。

 もう一つ気になるのは、BizibleがSalesforceと非常に密結合になっている事です。(もしかしてForce.comで開発されている?)

 この二つを鑑みると、どうしてもSalesforceのマーケティングオートメーションツールであるPardotとの被りが気になります。Bizibleの利用料金をWebで確認すると月額5~20万円位です。月額20万になってくるとPardotと競合しますよね。

 念のためPardetにGoogle Adwords連携があるか見たらあるっぽい。そらあるよねぇ。

 Pardot for Google AdWords - Pardot


 Webサイトには、「Bizibleのユーザーはeloquaやmarketo等のマーケティングオートメーションと併用しているよ!!」というメッセージがあるので、Bizibleとマーケティングオートメーションは競合ではなく補完関係なのでしょうか……想像つかないけれど。

 他人事ながら、この辺りの差別化が非常に気になります。

 Bizibleの創業者は、元Microsoft / Bingの広告部門らしいので、この辺りの経験を加味してSalesforceと連携可能なプライベートDMP構築とかするのでしょうかね (妄想)。

 ありえそうな所で行くと、マーケティングROI最大化のためのコンサルティングや、クラウドシステムのインテグレーションなどを実施するソリューション企業の色を強めていく路線でしょうか。Webの特色に「Integrations」という項目がありますし、「Data Scientist」も求人していますから。

 techcrunchの記事を見る限り、製品も継続的に開発していくけれど「当面は営業とマーケティングに力を入れる」との事なので、マーケティングオートメーションツールとガッツリ競合するのではなく、ベクトルを変えた課題解決を模索していくのでしょうか。

 どのような形であれマーケティング情報と営業情報を連携する事は、企業の課題解決に役立つことなので是非とも頑張って欲しい所存です。