読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガワアプリからフルネイティブへーモバイルファーストでハイブリッドの夢はまだ遠い……

ツール UIUX

愛用しているタスク管理ツールAsanaがガワアプリからフルネイティブアプリになりました。

AsanaのiPhone/iPadアプリって今まではガワアプリでした。これは何って、外側はスマホのアプリになっているけれど中身はWebアプリになっている、つまりガワだけネイティブで中身はWebっていう代物でした。

これを中身も完全にネイティブアプリにするフルネイティブアプリに変更したわけです。これは既存のWebアプリのノウハウを流用する形でなくモバイルファーストにコミットしていくという気概の現れでしょうか。


ガワアプリはWeb技術・エンジニアが活躍できるため気軽に作りやすい(傾向がある)一方で、モバイルでのUX/UIではネイティブアプリに劣ります。そのため、ガワアプリで作っておきながら途中でフルネイティブに移行するというのは珍しいことではありません。

有名な所ではFacebookが2012年にフルネイティブに移行しました(ちなみにAsanaは元Facebook共同ファウンダーのダスティン・モスコヴィッツが作っています)。サイバーエージェントも今後はネイティブアプリに力を入れていくことを発表しています。

サイバーエージェントの場合はアプリ単体の移行というわけではないですが、ガワアプリを多く作っていた会社がネイティブアプリに移行するというのはそれなりのインパクトがあります。


iOS8ではアプリ内ブラウザでもJITが使えるようになるとか、Webコンポーネントの世界が現実味を増してきたとかありますが、暫くの間はモバイルファーストの中でWebアプリが覇権を握ることはなさそうですね。

ただ、世の中にはまだまだWeb系開発者の方がネイティブ系開発者より多いであろうこと、デバイスの断片化が進むとWebアプリで統一を目指したくのは歴史の常であること、メディア・アドテク入り乱れた広告プレイヤーのこと等などを考えるとPCのようにいつかはWebアプリへの回帰が起きてほしいと願っている人は多いのではないでしょうか。

個人的にはOSや環境の断片化を救う救世主としてのWebアプリというのが絶対的な善であると刷り込まれたオサーン世代なので何となくWebアプリへ回帰して欲しいと願っております。