読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BtoBサイトにおけるモバイルファーストとデータファースト

 「やっぱり今はBtoBでもモバイルからのアクセスがけっこうあるらしいよ!」けっこうってなんだよ、けっこうって。つって。モバイルファーストが重要であり時間と共に重要度が増していくことは当然わかります。

 でも、いまって貴社のWebサイトはモバイルから見られていますか? ほんとうに?

* * *

 「PCの出荷台数は減少の一途だよ!」。ですねー、プライベートでWebブラウジングをPCでする人は少数派かもしれませんね。「実際自分でも外でメールチェックとかするしね!」。はい、私も外でメールチェックして返信したりしますよ。「なんか〜、モバイル最適化されてないとふるいな〜って感じするよね!」。うーん、すくなくともモダンではないですね。

 でも、いまって貴社のWebサイトはモバイルから見られていますか? ほんとうに?

* * *

 アクセス解析でみれば、いまモバイルでどの程度見られているのかすぐにわかりますよね。比率の時系列変化をみればある程度の予測も立てれます。その上で質問なんですが、いまモバイルファーストに投資するのが最適なんですかね? 大事なのは、事実をありのままに見つめてより多くのユーザーに最適な手段で情報を届ける事ですよね。

 総論でふわっとしたのよくないですかね。全体だけでなく部分でも考えた方がよいですかね。

  • 時間対でのアクセス比率はどうなっていますかね?
    • モバイルが突出して高い比率がある時間対は、フォームへ誘導するメールは避けた方がいいかもですね。
    • あと、広告の配信も時間をみて考えた方がいいかもですね。
  • LP、フォームではPCに比べてCVRはどうですかね?
    • LP、フォームはPCとモバイルでの比率の違いはどの程度ですか?
    • モバイル比率が改善されたとして、コンバージョン価値で換算すると投資に見合いますか?
  • 認知フェーズ担当のブログなどはどうですか?
    • ブログは他よりモバイル比率が高くありませんか?
    • ブログなどは別デザインに切り出しやすい、かつCMSでテンプレート制御されていれば低コストでモバイル対応できませんか?

* * *

 けっこうってなんだよ。けっこうって。すぐに手に入るデータを活用しないとモッタイナイです。事実を見つめてユーザーの価値・自社の収益が最大化される方法をご検討頂ければ幸いです。