GA側は有効になってる?Google タグマネージャでユニバーサル アナリティクスを使う時に気をつけたい事

「Google アナリティクスをユニバーサルアナリティクスに移行するついでにGoogleタグマネージャーも導入するか!」。こういうささやきが聞こえた事はありませんか?私はあります。そして耳をかしました。落とし穴にハマるとも知らず。

ハマったのは「Googleアナリティクス側でユニバーサルアナリティクスにアップグレードしていないと、アクセスを計測できない」という穴です。

「なにをあたり前な事を……」と思われるかもしれませんが以下を読んでいただくと意外に穴であるという事がご理解いただけるかと思います…… 読んでも「それは穴ではなく常識だろう」という事もあろうかと思いますが、生暖かい目で御覧ください。

ユニバーサルアナリティクスでない「標準のアナリティクス」を使っていて、これからGoogleタグマネージャーを利用しようと思っている、という条件が重なった場合を想定しています。

はじめにGoogle タグマネージャーの設定を行います。Googleタグマネージャー自体の設定は参考ページでも見ていただくとして、ここでは関係するところに絞って説明していきます。

f:id:niwaringo:20140226003232p:plain

Googleタグマネージャーでユニバーサルアナリティクスを設定する場合は、上記のように「タグの種類」を「ユニバーサルアナリティクス」にします。「ああ、なんて簡単なんだ。素晴らしい。これだけいいんだ!」

f:id:niwaringo:20140226003259p:plain

動作をしているかデバッグモードで確認してみましょう。デバッグモードで実際のWebページにアクセスするとGoogleタグマネジャーでタグが読み込まれている事が確認できます。「よし、読み込まれているな。簡単だ」

f:id:niwaringo:20140226003323p:plain

ChromeのコンソールでNetworkを見ても、ユニバーサルアナリティクスの証拠であるhttp://www.google-analytics.com/collectにアクセスしている事がわかります。「指差し確認おk」

簡単過ぎる気がしますが、「きっとアレだ、同じGoogle製だから、タグマネージャーとGoogleアナリティクスが連携して、『いいかんじ』にしてくれているに違いない」そう思っている時期が私にもありました。

そんなわけない。

Googleアナリティクス側で確認しようとリアルタイムを見ると「あれ、反映されていない臭いな」と鼻をつく臭いが漂います。「なんか少し時間がかかっているのかな?」と思いながらも待機してみる。が、待てど暮らせど計測されない。

そらそうです。よく考えれば分かるのですが、Googleタグマネジャーはタグの発行をしているだけなので受け入れ側の設定ができてないと計測できなくてあたり前。少し考えればわかるのですが「同じGoogleだし」なんて意味不明ロジックが頭に浮かんで思考停止していました。

ということで、ユニバーサルアナリティクスへの移行とGoogle タグマネージャーの導入を同時に行う場合は、まず「ユニバーサルアナリティクス」へのアップグレードを行ってから、Googleタグマネージャーを開始しましょう。

やっぱり落とし穴でもなんでもなく確認不足ですね〜

参考サイト