読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗を祝ってしまえ!日本でFailConはどうでしょう

海の向こうにはFailConというイベントがあります。失敗した人達から(人達自身も)学んで成功につなげよう。というカンファレンスです。

「天国へ行くのにもっとも有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである。」マキャベリはこのように説きました。使い古された言葉に「 失敗は成功のもと」というものもあります。失敗は成功するために役に立つ。もっと言えば失敗なくして成功することはできない。古来より様々な言葉でこのことは語り尽くされているコレをFailConは地で行っている祭りだといえます。

このFailConですが、いつの間にかグローバルイベントになっています。ブラジル、ベルリン、スペイン、インド、フランス、シンガポール他、数カ国で開催されています。

しかしですね、失われた20年とか言われたりして失敗の宝庫であるはずの日本がこのキャラバンには入っていなんですよ。FailConは今はテック系に限ってるみたいですが、製造業などに視野を広げると日本は失敗の宝庫だと思うんですよね。その失敗をプギャーするのではなく、チャレンジャーとして讃えて、開かれた情報とするのは日本のみならずアジアとかにも役立つのではないでしょうか。セッションだけでなく展示も併設して失敗した(と言われる)商品とか並べたりすると以外な展開になったりしないですかね。

そうやって失敗をプギャーやメシウマにするのではなく祝って祭りにしてしまってはどうでしょうかね。

他人本意だがボランティアくらいはしたいな。