シャドーITから考えるSaaSを取り巻く3つの環境変化

クラウドコンピューティングと「シャドーIT」の危険性 - ZDNet Japan

企業のIT部門を通さずに事業部が直接クラウドなどを仕入れるシャドーIT問題。少し前までは、野良クラウドなどとも呼ばれていた問題です。

記事を要約すると、

  • クラウドベンダーがIT部門通さないでいけると売り込むのは、顧客企業のみならずクラウド業界にとって問題
  • シャドーITを導入する部門は、セキュリティやサービス品質保証契約とか忘れがち
  • IT戦略なしに導入するため、連携困難なデータサイロを招く可能性が高い
  • 原因は利用部門とIT部門のコミュニケーション不足

ということでしょうか。

このご指摘はごもっともですし、シャドーITは利用部門にとってもクラウド業界にとっても好ましい事態ではありません。ただし、SaaSベンダに勤務している自分としては、記事とは逆に「シャドーITは減少傾向にある。」という実感をもっており、今後もこの減少傾向は続き一定のレベルで落ち着いて縮小均衡すると感じています。つまり、シャドーIT問題はなくなりはしないが「クラウド業界を揺るがすほどの問題には発展しない。」という楽観的な観測を立てています。

クラウドを取り巻く環境の変化がこのような観測をたてさせています。いい機会なので、シャドーIT問題を引き金として、クラウドを取り巻く環境が現在どのようになっているのかを考察してみます。SaaSベンダに勤務しているので、クラウドと言ってもSaaS限定で考えていますし、意図せずに我田引水してしまっている事があると思います。ただし、現況を大きく外している事はないと思っております。

SaaSが一般化されてきた

まずはじめに考えられるのがSaaSの一般化です。正直、数年前までは辛い経験もありました。サービス内容に興味を持っていただき、詳細に話して担当者も乗り気になっている、、、しかし「情報を自社サーバー以外に保管するのがNG出てしまいました。残念ですが今回は、、、」というお言葉と共に撃沈。という経験を何度もしたものです。サービス内容ではなく、SaaSという提供形態がNGになっていたのです。

また、メディアに「SaaS」という文字が踊こそすれ、、、いや踊っているがゆえに、誤った認識やとりあえず話を聞いてみたいというような状況もありました。

「へー、SaaSなんだね。ところで、自社サーバーへのインストールはどうやってすれば良いの?サポートあるの?」

などと言われた日々も今となってはいい思い出です(遠い目

一つの言葉・概念が世に出て喧伝されるようになってから、正しく認知・運用されるようになるまでには数年間は必要です。クラウドについては、言葉がメディアで踊りだしてから数年たち、やっと一般化してきたのかなという実感をやっと最近持ててきました。過去に感じた様々な障壁も感じることがすくなって来ていますし、「SaaSだから」という理由でNGをもらうことはなくなりました。

一般化の過程、結果により情報システム部門SaaS利用の知見が蓄積されて来ています。これにより、数年前まではシャドーITの形をとってでも利用したいというような進め方をされていた利用部門の方も、そのようなリスクを内包するよりも、キチンと情報システム部門を通す方が最終的には手間が小さくなるという事になり、シャドーITの減少が進んでいます。

スピード、機能を求めて上層部の方がSaaSを求めてきている

SaaSのメリットは?」というと少し前までは「何がなくてもコストメリット!!」という状況でした。この状況に変化がおきています。コストについてはSI企業がSaaSより安いことが珍しくなくなってきており、SaaS=コストメリットという図式は成り立ちにくい状況です。

では、SaaSのメリットは何なのでしょうか。それは「スピード」と「機能」です。また、これを求めるプレイヤーも事業部の担当者、責任者から上層部へ拡大してきています。

拡大した先のプレイヤーである上層部の方は特にスピードが響きます。右を向いても、左をみても「短期間で稼働までこぎつけました」という事例が溢れている中で、要件定義、構築が年単位でかかる事は上層部からするとリクスと映る事はおかしな事ではないでしょう。やりたいことを整理して構築しているうちに環境が変わって使い物にならないというのでは意味がありません。坂道を球体が転げ落ちるのと同じように、上層部の方がスピードに惹かれるのは自明かと思います。

SIとSaaSを比較すると、SIの方が高機能であるという認識がまかり通っている時代もありました。 お仕着せのSaaSより、思い通りに構築できるSIの方が高機能であることは当然であるという寸法です。ただし、現代においてはこの認識は逆転しています。SaaSの雄であるSalesForceなどを想像するとわかりやすいですね。一企業がSIであのような製品をつくり上げるのは不可能です。これは何もSalesForceだけでなく、1つ製品に全勢力を傾けて開発しているSaaS企業では比較的同じことが言えます。全身全霊を傾けているソフトウェアと、オペレーションの産物として扱われているソフトウェアに差がつくのは当然ですよね。

現状のオペレーションにフィットするのか、全てを使いきれるのかという問題が利用企業にはつきまといますが、裏を返せばそこを乗り越えると自社単体投資では手に入れることができない豊富な機能が手に入るとうい事になります。オペレーションを変更する事も辞さず上層部の方がこれを求めるのはおかしなことではありません。

このスピードと機能を求めて上層部の方が動くという事は、シャドーITとしてやるという事は当然ありえません。というか、シャドーITを駆逐していく流れになります。こっそりシャドーITとして入っていたSaaSを別のSaaSが駆逐するという構図をする側、される側としてよく見ます。

SaaSベンダがシャドーITを指向していない(所が増えてきている)

最後の見逃せない要因として、SaaSベンダが大規模指向を強めている。というのがあげられます。初期のSaaSでは、メディアなどではSMBに最適であるなどの喧伝がなされていました。ただ、蓋を開けてみるとどうでしょうか?SaaSを使っている所の代表例は、大規模な企業が多いです。事例戦略やエンターテイメントとして、「旅館でもSaaSを使っている!!」などを打ち出しても、アカウント数を稼いでいるのは大規模な企業ですよね。

SaaSの料金体系としては、何らかのアカウント数に依存する事が多いです。そうすると、よりアカウント数を稼ぎ出そうとすれば、1つの企業で多くのアカウントを頂ける所に注力したくなるというのが世の常です。というか商売の常です。いわんや大規模企業からも引き合いが増えている傾向にあるならをや。です。

過去には、シャドーITというニッチでしか戦う事が許されていなかった企業の目の前に広大なマーケットが開けてきたのです。もちろんSaaSベンダの企業戦略にも依存しますが、広大なマーケットが見えてきた現代でシャドーITを指向しているクラウドベンダーは身の回りでは皆無です。

このような3つの環境変化により、シャドーITは利用する企業、提供するベンダともに利が少ない状態です。「シャドーITという過渡期の徒花もあったね」と言われる時代が少し先に迫ってきているのではないでしょうかね。

うーん、見返すとなんかなんか今更感満載のステマっぽい。。まあ、自社製品の名前なんか一切だしていないただの感想、偽らざる感想ですので。。