読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次世代Officeがクラウド限定である事がわからない

次世代Office対決!「Google Apps」か「Office 365」..(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ プレスリリース)

ここに載っているアンケート

クラウド時代の“次世代Office”、使うならどっち?

これって手元にネイティブのMS Officeがあること前提ですよね。質問意図が「手元にあるMS Officeを窓から投げ捨てて次はクラウドでOfficeだよ(キラッ」で、返答している人もそう思って返答しているのなら、、、、辛い

ま、煽り質問だとわかって皆さん答えているのでしょうが。

以下ネタにマジレス

クラウド型Officeは現在のネイティブMS Officeを代替できるのか

私は職場でGoogle Apps使っています。ちょっとした共有にはスプレッドシートやDocsは非常に便利です。ただし、Excelをキチンと表計算として利用したり、対外的に提出する文書をWordで作成するなどの業務はGoogle Appsで代替することは不可能です。パワーポイントの代わりに「プレゼンテーション」を用いて提案書を作成したり、プレゼンテーション資料を作成するなど、、、何の拷問だよ

ゲームの世界同様に、ウェブアプリがネイティブアプリを速度、操作性で超える事は無いですよね。かなり快適になってきたとしてもです。機能についてもMS OfficeGoogle Appsの間には超えられない壁が高くそびえ立っています。

この辺りを無視して、すべてをクラウドにする必要ってどこにあるのでしょうか?

クラウドOfficeは普及しないのか

では、Officeはクラウド化する必要がなくネイティブこそ至上なのか?というと、そうでは無いです。Google Appsを利用すると「機能はMS Officeの足元にも及ばないけれど、、、実は日常の大部分のMS Office業務は機能不足のそれでも十分だった。」という事実に気付かされます。これに、「リアルタイム共有」というクラウド武器が加わると、Google Appsが無かった世界にはもう戻れません。

コストを加味して考えると、なるべく全員にクラウドOffice環境を用意する。ただし、今までMS Officeを使っていたの中で一定の割合の人達は「クラウドOffice」のみにする。残りは、MS OfficeとクラウドOfficeを両方使う。というのが次世代のOffice環境ではないでしょうかね。

P.S. Google Appsを教えているコメントの中で「Microsoftの呪縛からの解放」とか言っている人がいますけれど、これ正気ですか。ドキュメントの規格が統一されているというのは、一般の人にとっては「害」より「利」の方が多いはずです。HTMLやJavaScriptなど歴史みてもわかる通り、団体等による規格の統一は人類にとって無理ゲーなので、特定企業に依存していないと、規格の乱立という世界が来ますよね。

「提案書送りました。」
「おい、レイアウトが崩れているぞ。」 「貴社は、ドキュメント提出前にマルチドキュメントチェックきちんとしているのですか?」 「このたびは、弊社の不備により(略。 今後はドキュメントチェックにダブルチェック体制を構築してまい(略」

阿鼻叫喚地獄や。。