BtoBでソーシャルに投資している人達はいつ回収するのだろう(疑問だけ)

同日に、違う話題だけど趣旨が同じ内容を聞いたので。

曰く、「テレビ」はオワコンでアドテクで云々とか言ってるけど、テレビの他ではあれほどのリーチ数で得られないという事。曰く、「Webアプリゲーム」オワコン!ネイティブ!ネイティブ!とか言ってるけど、収益ではネイティブ一辺倒ではない世界があるということ。 こんな風にトレンドと現状をごっちゃにするという事象はここかしこに存在しますね。toBマーケティングの話で考えてみても同様の現象はここそこに転がっています。

ぱっと思いつくのは「ソーシャルマーケティング」。上昇ベクトルである事はわかる。ただしね、ソーシャル使うと見込み顧客がわんさか集まってハッピーなんで事にはならんですよ。その界隈で語られる事例はいつも同じ社名ではありませんか?続報が出てこないってことは。。ねー

予算配分を過剰にソーシャルに振りすぎて、目標未達だった。。とか悲劇です。

いや、何も「BtoBでは、ソーシャルなんて役に立たない。」と言っているわけではないです。必要であることは論をまたないでしょう。ただし、ほとんどのtoBマーケッターにとって、ソーシャルは投資フェーズであって、すぐに効果を見込めるものではないですよね。まあ、トレンドというのは周りもやかましくなるので、、いろいろ大変だとは思いますが。。

もちろん投資は必要です。「ソーシャル、ソーシャル言うたかて、やっぱまだまだメールでっせ。メール」というのもある一面では的を得てはいますが、それだけやっていれば良いというわけではおまへん!何事も準備は必要で、金額だけでなく時間も投資しなくては回収できるものはありません。

「ソーシャル、ソーシャルうるさいな。」と煙たがられている偉い人は、実はすぐに回収できると思っているわけではなく、そろそろ投資しださないといけないよ。というお話をしているのかもしれませんしね。いや、単純に言ってみたかっただけという人達がいる事は否定しませんが、、、

これ書いていて、ふとソーシャルマーケティングとメールマーケティングの検索ボリュームが気になったので見てみたら、拮抗してるんですね。これだけ見ると、検索ボリュームが拮抗してから時間が立っているので、各社様々な試行錯誤から結果に変わってきてもよさそうなものですけどね。皆さんいつ頃、どうやって回収するつもりなんだろう。いつまで投資し続けるのだろう。なんの解決案も提示していない駄文でスイマセン。。