読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンタープライズ向けのソーシャル行動解析について思う事

マーケティングを行うにあたって、ソーシャル・ネットワークを利用するという行為は不可避です。見込顧客や顧客との対話ツールとして。または、それらの人々の行動解析ツールとして。

特に行動解析ツールについては、コンシュマー向けだけでなく、エンタープライズ領域においても、不可避な装いで押し寄せてきており、いま投資するのが最適かはさておき、さまざまなベンダーによって、多種多様なツールが発表されています。

私は、ソーシャル行動解析サービスではありませんが、エンタープライズ向けのソフトウェアベンダーに勤務しています。ベンダー勤務の人間として、昨今のソーシャルの行動解析ツールについて思うことがあります。

中で働いている人は、いま自社がプレスリリース出しているサービスで、自分のソーシャルでの行動を解析されたいですか?そのサービスがあることによって、顧客企業を通して、エンドユーザーが利益を損なうことはありませんか?製品を購入していただく顧客ではなく、エンドユーザーの目線ではそのサービスはどうですか。

「ソーシャル行動解析サービスが高度化すればするほど、人々がソーシャルから離れていく。」というような、焼き畑は悲しい事態しか招かないのではないでしょうか。ベンダーとしてのエンドユーザーに対しての倫理観はもちろんの事、マーケット自体をすり潰してしまわないようにすることも大事ですよね。

対岸の事象ながら、持続可能さを担保していって欲しいと思っています。